豊胸手術の母乳への影響は?妊娠・授乳期間の注意点

豊胸手術の母乳への影響は?妊娠・授乳期間の注意点について

豊胸手術を検討している方からの相談で多いのが、豊胸手術をすると妊娠や出産、そして母乳や授乳に影響はありますかということです。確かに女性にとって赤ちゃんに自分のおっぱいを安全に授乳できるかどうかはとても重要ですよね。

 

まず現在行われている豊胸手術は豊胸バッグインプラント、脂肪・幹細胞注入、ヒアルロン酸注入などが一般的です。この他にもクリニックによって血液からジェルを作るPPP・PRPという方法や幹細胞を活性化させたセリューション豊胸、そして切らない光豊胸などが利用されています。

 

まずどの方法についても乳腺を傷つけることがなければ、将来妊娠をすることはもちろん、母乳育児に挑戦することになんら問題はありません。ただしプロテーゼの大きさによっては妊娠中、乳腺の発達につれて強い張りを感じることがあります。人によっては乳腺炎になってしまうこともあるので、食事やマッサージでケアしていくことが必要です。

 

母乳外来にかかることで豊胸していることがバレるのではと心配する方もいますが、豊胸していることを指摘されたり、産後にバッグを除去しなくてはいけないということはありません。ヒアルロン酸など体内に吸収されるものを注入したことがあるからといって、母乳や赤ちゃんに悪影響が出ることはないので安心してください。

 

出産後胸がしぼんで垂れてしまった、張りが無くなったという方が豊胸手術を受けるときは身体の状態をしっかりと確認してからにしましょう。豊胸術はいろいろな種類があるため、まずはリスクの少ないものから試していくのがおすすめとなっています。