コンデンスリッチ豊胸と脂肪幹細胞注入の違い

コンデンスリッチ豊胸と脂肪幹細胞注入の違いについて

シリコンバックを挿入する方法に比べるとナチュラルな仕上がりになると人気なのが、自分の脂肪を注入する豊胸術です。最近は脂肪注入による豊胸手術もいろいろな種類が増え、しこりになりにくい新しい方法がどんどん登場しています。さらに現在は脂肪注入よりもさらにリスクが軽減された脂肪幹細胞注入なども利用できるようになりました。それぞれのメリットデメリットをよく知り、自分にはどの方法が合うのか医師と相談しながら決めてみてください。

 

まずコンデンスリッチ豊胸とは脂肪吸引した脂肪を濃縮してからバストに注入する方法です。ガリガリの方から肥満の方まで幅広い方が施術を受けることができます。従来の脂肪注入よりも定着率が高く、また脂肪の採取にかかる時間が大幅に短縮されているため施術時間が短く、体への負担が大幅に軽減されているのが特徴です。

 

一方脂肪幹細胞注入とは吸引した脂肪から幹細胞のみを抽出し注入する方法です。定着率が高く、石灰化、しこりのリスクが軽減されているのが特徴ですが、コンデンスリッチとは違い痩せ型の方にはあまり向かないというデメリットがあります。反対にぽっちゃり体型の方は脂肪をたくさん取ることができるので大きな胸を作りやすいです。

 

セリューション豊胸はベイザーで脂肪吸引し、ピュアグラフトで脂肪を濃縮します。そして最後にセリューションという特殊な機械を用いて幹細胞を活性化させそれを乳房内へと注入します。費用は普通の脂肪注入などに比べると値段は上がってしまいますが、口コミでは料金が高くても満足度は高いと人気があります。この他にも幹細胞に自分の血液から抽出した血小板をブレンドし注入するPRP脂肪幹細胞注入という方法も人気です。

 

上記がコンデンスリッチ豊胸と脂肪幹細胞注入の違いです。どちらもインプラントに比べると体への負担は軽減されていますしダウンタイムも短くなっています。注入するccを調節することにより胸のサイズを調節することが可能です。脂肪や幹細胞を注入するこれらの方法は、シリコンを抜いて逆に胸を小さくするという方や異物を体内に入れるのは怖いと感じる方に選ばれています。