エンドプラスト豊胸手術の効果とメリットデメリット

エンドプラストによる豊胸手術の効果とメリットデメリット

エンドプラストとはジェル状で柔らかく作られたプロテーゼのことで、小さな穴から注入することができるため傷跡が小さく目立ちにくい、バストアップのために切開しないので身体にかかる負担が少なくてすむといったメリットがあります。注入量によってサイズを調節することができ左右で異なるバストサイズや形を微調整したいときなどに適しています。

 

基本的にヒアルロン酸などと違い体内に吸収されてしまうことはほとんどありません。そのため半永久的に形状を維持することが可能となります。ただしエンドプラストによる豊胸手術の効果は即効性があっても、その後の後遺症に悩まされてしまう場合もあります。乳房に注入した場合は異物が入っているととても分かりやすくなります。これは見た目だけでなく触り心地も重要な胸についてはとてもデメリットが大きいでしょう。

 

またエンドプラストは取り出すこともできますが、除去する場合は切開が必要になります。半永久的といっても仕上がりに満足できない場合、しこりができたり副作用・後遺症が出た場合は抜く必要があります。簡単に取り除けるという認識は間違いなので注意してください。

 

もちろん医師から説明を受けご自身で納得できればエンドプラストによる豊胸も満足できるでしょう。大切なことは胸が大きくなる効果や傷跡が残りにくい、手術が簡単などのメリットばかりではなく、豊胸手術後に起こるデメリットもすべて受け入れることができるかどうかということです。