光照射豊胸手術の効果とメリットデメリット

光照射による豊胸手術の効果とメリットデメリット

光照射による豊胸手術は即効性はないものの、痛みをまったく感じずにバストアップに取り組むことができます。人工的に胸を作り上げるわけではないので、とても自然な仕上がりになるのがメリットです。特に手術で痛い思いをしたくない方、たとえ注射でも傷跡を残したくない方、偽乳だと思われたくないという方に選ばれています。

 

光豊胸は波長の長いレーザー光を乳房に照射する豊胸術です。光が乳房内部に届くことで血行を促進させます。リンパの流れが改善することで、新陳代謝が良くなり脂肪細胞が活発に活動し始めます。栄養の吸収がよくなることで自然に胸が成長していくというわけです。

 

同時にこの光には細胞自体を膨張させる効果があります。また胸を支えているクーパー靭帯を強化することにより、さらにバストアップ効果を大きくすることが可能です。また乳房を刺激することで女性ホルモンの分泌も活性化するといわれています。光をあてるだけでこんなに女性にうれしい効果があるとはとても驚きですね。

 

光を使った豊胸は継続することで効果を発揮します。1回だけ試してみようという考えではなかなか効果を感じられないデメリットがあります。ただしある程度の期間続けて通った後は効果が持続します。ナチュラルに豊胸したい方や生理不順やむくみ、イライラ、生理通、便秘、更年期障害など女性特有の不調を感じている方にとてもおすすめの施術となっています。料金は他の豊胸手術と比べるとかなりお手ごろなので続けやすいです。