豊胸手術の痛みと麻酔(全身麻酔)の種類と危険性

豊胸手術の痛みと麻酔(全身麻酔)の種類と危険性について

豊胸手術で気になるのがどのくらい痛みがあるのかということではないでしょうか。まず痛さが一番強いのはシリコンバッグを体内に挿入するインプラント式です。手術中は麻酔をかけるため激痛に耐えなくてはいけないということはありません。しかし術後は胸部全体に痛みが広がり、最低でも1週間は体を休めていなくては耐えられなかったという方もいます。普段から痛さへの恐怖心が大きい方、また実際に痛みに弱いという方にとっては体にも精神的にも負担がかかってしまうためよく考えなくてはいけません。

 

脂肪注入については脂肪吸引し、その後乳房へと採取した脂肪を注入します。最新の脂肪吸引については痛くないという方が多く、手術中は麻酔も使うことからそれほど心配必要はありません。脂肪注入の痛みについては筋肉痛のような鈍痛があるという方が多いです。もちろん個人差はありますがシリコンを入れるよりは、まだ痛くないと感じる方がほとんどなので安心してください。

 

ヒアルロン酸やPPPジェルといった注射による注入についてはほぼ術後の痛みはありません。痛みが不安な方は麻酔を使って寝ている間に注射してもらうこともできます。術後は固定やダウンタイムも必要ありません。どうしても注射が怖い、絶対に痛くない方法を選びたいという方は光(レーザー)による豊胸がおすすめです。

 

豊胸手術中には全身麻酔を用いることがほとんどです。麻酔の種類は呼吸器で吸引する呼吸麻酔と静脈に麻酔を入れる静脈麻酔があります。全身麻酔の中でも呼吸器から取り入れる麻酔は目覚めに吐き気がある、頭痛がするといった声がありました。一方で最新の静脈麻酔についてはリスクや副作用が大幅に軽減されています。

 

ただしどちらも危険性はゼロではありません。ぜんそくなどアレルギー体質の方などは特に注意が必要です。手術前日から当日の体調にはくれぐれも注意してください。不安なことがあるときはすぐに医師に相談をすることが必要ですよ。