レーザー照射の豊胸手術効果とメリットデメリット

レーザー照射による豊胸手術の効果とメリットデメリット

身体にメスを入れるのは怖い、脂肪注入は痛そう、ヒアルロン酸を身体に入れても本当に大丈夫?など豊胸手術にはいろいろな心配がつきものです。どうしてもメスで切ったり注射をするのは怖い、できるだけ痛い思いはしたくないという方に検討して欲しいのがレーザー照射による豊胸手術です。乳房に波長の長いレーザー光を照射するだけで、少しずつではありますが自然に胸を大きくしていくことができます。レーザーは乳房の内部まで届き滞りがちな血液やリンパの流れを改善します。血行がよくなると乳房内の脂肪組織が活性化し、今までよりも栄養を吸収しやすくなります。

 

代謝がアップすることでホルモンバランスの乱れも改善していきます。新陳代謝が促進されると女性ホルモンがしっかり分泌されるようになるので、乳腺が刺激を受け成長していきます。ホルモンのバランスが崩れていた方の場合、生理不順やイライラ、肌荒れ、ストレスなどの改善につながる場合もあります。もちろんこれだけでなく、乳房内の組織浸透圧が下がることにより脂肪細胞が膨張、バストを支えるクーパー靭帯の強化などの物理的な効果にも期待ができます。

 

レーザー豊胸はバストが成長しやすい環境を整え、なおかつバストを形成する組織自体を大きく強くすることが可能です。もちろんシリコンバッグのように即効性があるわけではありません。痛みはほぼ感じない、施術がスピーディー、リーズナブルといったメリットがある一方で、効果には個人差があるため効果をしっかり実感するのに時間がかかる方もいます。

 

その他の豊胸手術のように見た目にすぐわかるほど胸が大きくなったと感じるには、ある程度の期間通い続けることが必要です。ただしレーザー照射を受けた方の中には、早い段階でバストの張りやバストの位置が上がったと感じる方も多くなっています。またレーザー光は肌の調子を整える効果もあります。美肌作りをしながらバストケアをしたい、できれば切らない注射をしない方法で胸を大きくしたいという方におすすめになっています。