プチ豊胸手術の効果とメリットデメリット

メスを使わないプチ豊胸手術の効果とメリットデメリット

メスを使わないプチ豊胸手術は身体に大きな負担をかけずにバストアップできます。痛みを感じにくい注射器を使って乳房内へと直接ヒアルロン酸などを注入していきます。即効性があり、脂肪注入や豊胸バッグに比べると格安で施術できるのがメリットです。また注入は繰り返し行うこともできます。アレルギー症状を除き妊娠や出産、授乳などに関わる後遺症や副作用などがでる可能性もありません。

 

脂肪・幹細胞注入やシリコンバッグのインプラントなど半永久効果のある豊胸手術との違いに持続性があります。最近ではSUB-Qという低吸収ヒアルロン酸を用いるのが一般的になりました。しかしサブキューも時間が経つにつれ少しずつ体内へと吸収されていきます。使われるヒアルロン酸の種類にもよりますが最長2年くらいが効果がある目安となります。

 

直接胸の中にヒアルロン酸を入れていくので、注入する量によりサイズを調節することができます。またボリュームが少ない部分に多めに入れることで形を整えることも可能です。上記にもあるとおり永久効果はないため、体質によっては思っているよりも速く胸がしぼんでしまうというデメリットもあります。

 

切らないプチ豊胸はお試しでバストアップしてみたい、痛いのは苦手だから痛くない方法で胸を大きくしたい、できるだけ身体に負担のかからない方法でなおかつすぐに胸を大きくしたいという方におすすめです。たとえば週末に結婚式があるので少し胸を大きくしたい、水着を着ることになったのでバストをケアしておきたいという方も相談していますよ。