豊胸手術で後悔?失敗のリスクやトラブル

豊胸手術で後悔?失敗のリスクやトラブルについて

豊胸手術で後悔しないために一番大切なことは、失敗のリスクや豊胸したことによるトラブルの可能性をよく理解することです。胸が小さい悩みを解決するために努力したけれど、自分ひとりではコンプレックスを解消できない・・・。豊胸手術に挑む方はこれまで想像できないほどつらい思いをしたはずでしょう。しかしいざ手術をしてみるとどうしてこうなってしまったの…と悔やんでしまう方がいるのも事実。メリットばかりではなくデメリットを知っても納得できるかということが大切な注意点です。

 

まずプチ豊胸と言われ一番手軽なヒアルロン酸注入ですが、クリニックにとってどのくらい持続するのかというところに違いがあります。2ヶ月程度で吸収されてしまう場合もあれば、2年くらい効果が継続する場合もあります。使われるヒアルロン酸の種類や体質によって違いが出てくるので医師からしっかりと説明を受けなくてはいけません。

 

次に自然な仕上がりが人気の脂肪注入法ですが、注入する脂肪に不純物が含まれていると炎症や壊死などの合併症を引き起こします。現在は脂肪注入にも種類があり、吸引した脂肪を濾過するピュアグラフトはリスクが軽減されています。さらに脂肪から不純物を除去し幹細胞を濃縮したコンデンスリッチはより定着率が高くなっています。もちろん予算との兼ね合いもありますから、どんな方法が良いのかしっかり話を聞いて決断してください。

 

そして一番人気の高いシリコンバック等を挿入するインプラントですが、即効性がありなおかつ自分の理想の胸が作りやすいです。しかし異物を体内に入れるわけですからいくら熟練の医師が施術をしても回避できない副作用も存在します。カプセル拘縮は挿入したプロテーゼの周りに形成される皮膜が異常に厚くなってしまう症状です。体質によってはバッグを入れ替えても再発します。石灰化はシリコンを入れっぱなしにしておくと周囲にカルシウムが沈着してしまう症状です。バッグを入れた後は定期健診を受け、状態によっては入れ替えや除去を考えなくてはいけません。

 

相談の多いリップリングはシリコンバッグが折れ曲がってしまうことで起こります。無理に大きいバッグを入れてしまうと上手く安定せずペコペコしたり、時には周囲の組織が圧迫されて麻痺などの問題を引き起こします。最悪の場合外部から圧力を受けることで破裂してしまうこともあるのです。豊胸手術の成功率を高めるにはまずは無理をせず自分に合うサイズのバッグから少しずつ大きくしていくことがポイントです。医師の注意をしっかりと聞き入れることがとても重要ですよ。