乳房再建手術の種類と方法や保険適用の有無・保証

乳房再建手術の種類と方法や保険適用の有無・保証について

本来美容目的である豊胸手術には健康保険を使うことはできません。しかし乳癌治療の一環として行われる乳房再建手術は健康保険を使うことが可能です。3割負担で乳房再建できるのは本当に心強いです。

 

乳房再建術には自分の組織を移植する方法と、生理食塩水バッグや人工乳房を挿入するインプラント式があります。お腹や背中の自家組織を移植する方法は人工物を身体に入れることに抵抗がある方におすすめですが、傷跡が大きく残ってしまうデメリットがあります。

 

過去に主流であった生理食塩水バッグを埋め込む方法に加え、現在はシリコン製バッグについても保険適用となりました。そのため今は手触りや見た目がよりナチュラルなシリコンバッグを選ぶ方が増えています。シリコンは安全性が気になるという方もいますが、最新のシリコンジェルは万が一バッグが破れても中身が流出しにくくなっています。保証も付いていますから安心して利用してください。

 

また豊胸バッグを挿入する前にはエキスパンダーを使って乳房組織を引き伸ばしておく必要があります。エキスパンダーに生理食塩水を注入するとサイズが大きくなります。これを使って事前に組織の準備をしておくと、プロテーゼがなじみやすくなるのです。

 

シリコンインプラントそしてエキスパンダーについては保険が使える種類が指定されており、また手術は認定された医療機関で受ける必要があるので注意しなくてはいけません。過去に乳がん手術を行い、今後乳房再建を希望している方は保険が使えるかは各クリニックに相談してください。

 

また医療保険やがん保険では、乳癌治療の一部として行われる乳房再建手術について保険金が下りることもあります。保障条件や保障内容はご自身が加入している保険会社に直接確認しておくと安心です。

 

過去に比べると金銭的負担を抑えながら、もう一度乳房を取り戻すことができるようになりました。どんなに年齢を重ねていたとしても女性にとって胸はかけがえのないものです。自分は年だからと諦めてしまう必要はありません。